成田市で土地・戸建て・マンションを探すためのお役立ち情報を集めました

成田夫妻の家探し劇場 成田市に住みたい人のための不動産会社ガイド
成田夫妻の家探し劇場 成田市に住みたい人のための不動産会社ガイド

成田市で土地・戸建て・マンションを探すためのお役立ち情報を集めました

成田市に住みたい人のための不動産会社ガイド » ついに手にした成田家の城!成田夫妻が成田市で家を購入するまで » 成田で平屋のマイホーム実現のポイントを一挙ご紹介

成田で平屋のマイホーム実現のポイントを一挙ご紹介

平屋

平屋建て住宅を候補にあげる以上、その特徴やメリットとデメリットを、まずは正しく理解しておく必要があります。

また2階建て住宅とは違い、建物の面積以上の生活空間を稼ぐことができず、必要となる土地面積の確保が求められます。

さらには新築注文住宅および中古物件事例と相場の事前確認も、購入計画を立てる上で欠かせません。

平屋建てのメリットとデメリット

メリット:生活動線が短く開放感のある空間が演出できる

マイホーム購入を検討中の多くの方々が、平屋を希望される第一の理由として、移動が楽な間取りがあげられます。

全てが同一フロアにそろう設計は生活動線が短く、階段の上り下りが不要で、生活空間を上限に分断されることもありません。室内全体がより広く感じられるのも特徴です。

次に冷暖房器具の数を抑え、間取り次第ではエアコン1もしくは2台での全室対応が可能で、月々の電気代節約効果にすぐれています。

また各部屋を開放することで、より広い空間を確保し、家族の団欒の機会を増やせる機能性も魅力です。

さらに老後足腰が弱くなった際にも、階段を使わずワンフロアで暮らせる、身体への負担軽減と、何より安全面のメリットも魅力です。2階建てのように上に積み上げる設計ではなく、構造上の強度にすぐれた家屋です。

デメリット:同一面積の2階建てよりも費用が割高になる

平屋のデメリットとして、2階建て住宅が主流のため、立地条件によっては周囲の上階から丸見え状態となる可能性が想定されます。

また、隣接する建物に太陽光を遮られてしまい、日当たりが良くない事例も少なくありません。

これらのデメリットは主に、都市部の分譲地に平屋の新築住宅を建ててしまった場合に生じる、典型的な失敗例です。

ですがこれらは隣接する建物との位置関係などを的確に把握することで、回避が可能なリスクです。

土地購入や設計に際し、事前の十分なシミュレーションが重要です。

次に同一面積の住宅を新築する場合、2階建てと比較して平屋の方が割高となります。

基礎や屋根の面積が広くなってしまい、総費用が高くなってしまうのがその理由です。坪単価も同様に、平屋建ての方に割高傾向がみられます。

そして、平屋建ては泥棒に狙われやすいとの説があり、2階建て住宅と同等もしくはそれ以上の、万全の防犯対策が望まれます。

平屋建て新築もしくは中古物件購入に際して

迷路のような間取りに要注意

平面的に広い平屋は、間取りの良し悪しが顕著となりがちな住宅です。2階建てと比べてゾーニングすなわち各部屋の配置が悪く、無駄な移動が必要な物件が見られるのも特徴です

たとえば複数の個室プラスLDKを配置する場合、2階建てでは個室を上階に集め、LDKと残り1室程度が階下となるのが一般的です。

ところが平屋建ての場合、これらの配置を誤ると、無駄に廊下が長くなり、その分各部屋も狭くなり、迷路のような間取りとなってしまいます。

これでは全てをワンフロアで簡潔できる、本来のメリットが活かされません。とりわけ中古物件のチェックに際しては、この部分に着目してください。

真っ暗な廊下に潜むリスク

建物内中央部の廊下は、各部屋やLDKに囲まれる動線となるため、外部からの光が完全に遮断され、消灯中は昼間でも真っ暗になってしまう場合があります。

これでは念願の新居での新生活のテンションも下がってしまうばかりでなく、日中も点灯が必要な廊下が室内に存在すること自体、気持ち良い生活環境とは言えません。

ライトの増設で対応が可能ですが、新築であれば設計段階から、中古物件であれば極力回避をおすすめしたいポイントです。

中庭の役割と天井の設計に注目

構造上暗くなりがちな場所が生じやすい平屋建ての場合、外部から届く光を補う意味で、中庭の有効活用が鍵となります。

美観的にも平屋との相性が良く、たとえば勾配天井の採用で、家の奥まで自然光で明るさを保つ手法も一案です。

2階建てと比べて窓を確保しづらい構造のため、明るさを取り込むノウハウを活かした新築設計、あるいは中古物件の選択がおすすめです。

成田の物件販売事例と相場

成田で新築注文住宅をご希望のみなさまへ

平屋

東京のベッドタウンとして知られる、成田ニュータウンや、1990年代に入り開発された公津の社は、成田でも一際人気の高い住宅街です。

これらの地域で希望に即した新築注文住宅の土地を確保するのは、非常に難しいのが現状ですが、ポイントを押さえた情報収集を続ければ、その可能性はゼロではありません。

1968年に開発が開始され、1971年より入居が始まった成田ニュータウンでは、古くからの寮や社宅の跡地が分譲される可能性があります。

高齢化が進む地域ですので、第一世代が土地家屋を手放す、あるいは相続対策で売却されるなどの動きも想定されます。

同地区の土地と新築一戸建ての販売実例は次の通りです。

橋賀台エリア(土地)

土地面積 253.01㎡(約76.7坪)
販売価格 2990万円

※中古住宅が未解体状態で、1戸分が販売されたケース

玉造エリア(新築一戸建て)

間取り 4LDK
土地面積 150.51㎡(約45.6坪)
建物面積 96.79㎡
販売価格 3180万円

※2戸分譲中1戸が販売されたケース

あくまで一例として、上記の橋賀台エリアのデータから、坪単価39万円と算出できます。成田ニュータウン全域の土地の平均坪単価は30万円以上と言われていますので、これは整合性のあるデータと判断できるでしょう。

成田で中古平屋建て住宅をお探しのみなさまへ

最近の販売事例を検証すると、成田ニュータウンと人気を二分する公津の社地区では、ある興味深い傾向が生じています。

新築物件は前者の相場が高めなのに対し、中古物件は後者の方が高めというデータがみられます。

これは絶対数の少なさの影響と推察され、条件を平屋建てに限定するとなると、いずれの地域もかなり狭き門となるのが現実です。

希望居住地域を広範囲とすることで、対象となる物件数を増やす対処も一案です。

ちなみに同地区の中古物件販売事例は次の通りです。

並木町(公津の社駅)

間取り 2階建て3LDK
土地面積 165.01㎡(約50坪)
建物面積 99.36㎡
築年月 2016年1月
販売価格 2720万円

飯田町(公津の社駅)

間取り 2階建て4LDK
土地面積 156.55㎡(約47.4坪)
建物面積 107.65㎡
築年月 1997年1月
販売価格 2230万円

ちなみに公津の社周辺は高額所得者が多く、売りに出される中古一戸建て物件も、土地面積が50坪超でとなる割合が高く、販売価格も高くなる傾向がみられます。

中古の平屋一戸建てを最優先条件にあげるのであれば、より広範囲の情報に目を向けられることをおすすめします。

根強い支持を集める平屋のマイホームを、千葉県屈指の人気エリアの成田で実現するために、まずは鮮度と信憑性の高い情報を収集し、ご自身の中長期的なライフプランに沿った購入計画をしっかりと立ててください。

その上でベストパートナ―となる、信頼できる不動産業者を探しだしましょう。

妥協はしたくない!!成田夫妻が調べつくした 目的別オススメ不動産会社
妥協はしたくない!!成田夫妻が調べつくした 目的別オススメ不動産会社
成田夫妻が太鼓判!成田市のオススメ不動産会社をご紹介!

成田夫妻が見つけた成田市の不動産会社一覧

ついに手にした成田家の城!成田夫妻が成田市で家を購入するまで

成田夫妻が住みたい成田市の人気エリアの不動産事情

成田夫妻が愛してやまない 成田市の住みやすさ情報まとめ

家持ちになった成田夫妻が教える!成田市の不動産売却について

家持ちになった成田夫妻が教える!成田市の不動産売却について

Copyright (C)成田夫妻の家探し劇場 成田市に住みたい人のための不動産会社ガイド All Rights Reserved.