成田市で土地・戸建て・マンションを探すためのお役立ち情報を集めました

成田夫妻の家探し劇場 成田市に住みたい人のための不動産会社ガイド
成田夫妻の家探し劇場 成田市に住みたい人のための不動産会社ガイド

成田市で土地・戸建て・マンションを探すためのお役立ち情報を集めました

成田市の不動産会社ガイド » 成田夫妻が住みたい成田市の人気エリアの不動産事情 » 成田ニュータウンの不動産

成田ニュータウンの不動産

歴史ある新興住宅「成田ニュータウン」とは

成田ニュータウンは成田市の南西部、成田駅の西側に位置する大規模な団地街です。

成田駅からは少々離れているため都心へ通勤する方にとっては少々不便なエリアでしたが、2010年に京成線(成田スカイアクセス)の成田湯川駅がニュータウン北部に開業したことで、アクセスの改善が図られています。

とはいえ、成田は車社会ですからマイカーは必須アイテムですね

成田ニュータウンが誕生したのは、1970年代のこと。そのうちの大半が成田空港の関連企業に勤めている方々です。

成田ニュータウンは、成田国際空港から8km、成田駅から1.8kmという距離に位置しています。1968年に新住宅市街地開発法に基づいて開発され、1971年に中台地区の公務員住宅で入居が開始しました。翌年には一般住宅も同じ中台地区で開始しました。当初の計画人口60,000万人には半数程度しか及ばず、平成30年3月末日時点で31,990人、14,770世帯程度に留まっています。しかしながら、成田市全体でみると、成田ニュータウンの人口は30%を超え、成田市の中でも人口の中心的役割を担っている地区には変わりありません。

単純に人口を世帯数で割ると、1世帯あたりの人数は2名ちょっとですから、ニュータウン誕生当初に移り住んでいた第一世代の高齢化に伴って家庭内の状況も変化していることが分かります。

成田ニュータウンは1978年の成田空港がオープンしたことにともなって、成田空港での就業者の住宅環境を整えるという目的で計画された住宅街であったため、都心へのアクセスの良さは優先順位としては低めであったといえます。つまり都心のベッドタウンというのではなく、自立したニュータウンとして誕生したという経緯を持っています。

また、ニュータウン内には8校の小学校と4校の中学校、さらに高校が2校と教育施設も充実しているほか、公園なども多く子育てしやすい環境といえるでしょう。

成田ニュータウンでのライフスタイルとは

成田ニュータウンが誕生した当初、時代背景として男性が外で働き、女性は家事と育児を担当するという、家庭内での性別に応じた役割分担が明確である傾向がありました。成田ニュータウンのような郊外にある住宅街では、そのような時代背景の典型というようなライフスタイルの家庭が集っていたと見られています。

現在は東京へのアクセスも1時間程度に向上したということに加え、世代的なライフスタイルの変化にともなって、さまざまな状況の人たちが移り住む傾向も見られます。

2009年時点での調査の回答をみると、成田ニュータウンに住んでいる世帯主の状況などをみると、30%以上が定年退職後であるということで、ニュータウン内の高齢化が進んでいることが分かります。

定年退職前の世代では、成田空港での就業者が18%、成田市を含む千葉県内での就業者は23%、そして東京への就業者は15%ということです。また、依然として専業主婦である人が多いということも確認され、全体的にはそれほどニュータウンに住んでいる家庭の状況などには変化は見られないようです。

しかし、成田ニュータウンにも少しずつ変化が訪れています。最近になって、日本航空の社宅跡地が分譲住宅地として供給された地区などでは、90%が40歳代以下ということで、高齢化が進む他の地区と年齢層も大きく異なっています。つまり分譲された時期によって、各地区の年齢層に差が生じているということが分かります。

成田ニュータウンの不動産事情をチェック!

ニュータウンは大きく6つのエリアで構成されています。

中台・加良部

「中台」と「加良部」は成田駅に近いエリアで、分譲マンションやUR都市機構住宅、日本航空の社宅など大規模な集合住宅が多いエリアです。

中台エリアは成田ニュータウン誕生当初に住宅の供給が始まったエリアですから、1972年に中台小学校が開校し、翌年には中学校が開校され、住宅だけでなく居住に必要な環境の整備もいち早く着手されていたエリアでもあります。

加良部エリアは中台エリアの次に開発されたエリアで、分譲住宅、賃貸集合住宅、寮や社宅、商業施設などが混在しています。前述の日本航空の社宅跡地が分譲住宅地として供給されたというのは、加良部エリアです。そのため、若年世帯が増えているのもこのエリアです。

中古マンションもいくつか売り出されていますが、1980年代から90年代のちょっと古めのマンションが多いことが特徴です。価格は安いですが、4人家族だと手狭に感じる物件が多いようです。

赤坂

ニュータウンの中央に位置する「赤坂」には、ボンベルタ百貨店や市立図書館、金融機関などがあるエリア。その周辺にマンションや戸建住宅が建ち並んでいます。

ニュータウンの中心部ということで、中古物件でもなかなか売り出されることが少ないエリアでもあります。

赤坂エリアは成田ニュータウン全体の中心的な地区で、商業施設や業務機能も集まっていて、住宅の分布はあまりみることができません。むしろ赤坂エリア周辺の方が住宅地としては、発展しているようです。

吾妻・橋賀台

穴場を狙うなら、ニュータウンの西側にある「吾妻」「橋賀台」エリアあたりでしょうか。

戸建住宅が多いエリアで、新築一戸建てが売り出されていることがあります。

30坪4LDKで、3,000万円~3,500万円くらいが相場のようです。

吾妻エリアは戸建て分譲住宅とURの分譲集合住宅が大半を占め、県営住宅もある。吾妻エリアにある吾妻小学校と中学校は成田ニュータウン初の中台小学校に6年遅れて、1978年に開校しています。

橋賀台エリアは分譲戸建住宅と賃貸集合住宅が大半を占めているというエリアです。中でも橋賀台1、2丁目は戸建分譲住宅がほとんどですが、3丁目はURの賃貸住宅や公営住宅、社宅などが多い地域でもあります。橋賀台小学校は1975年に開校しています。

玉造

成田湯川駅に近い、成田ニュータウンの北側の「玉造」には戸建住宅も多く建っているエリアです。

玉造エリアはJR線、京成線の成田駅から最も離れて奥まった地域であり、また成田空港へも一番離れてもいるため、開発順序も後の方でした。そのため玉造小学校が開校したのは1981年、玉造小学校が開校したのは1984年になってからでした。ところが2010年7月に京成電鉄成田空港線の成田湯川駅が開業してからは、成田ニュータウンの中で最も駅(成田駅などの周辺の駅も含めて)に近いエリアになりました。

駅前は閑散とした雰囲気で、成田駅方面までバスが出ており、結局成田駅まで行かないと何もないというような状態です。電車の本数も少ないため、なかなか駅から電車を利用するのも不便だと言われているようです。

土地がいっぱいあるようにみえますが、残念ながらこのあたりも完売御礼の状態

成田ニュータウンの不動産事情

総じて、成田ニュータウンで家を探すのはかなり難しいというのが正直なところです。

しかし、全くないというわけではありません。今後も社宅や寮の跡地や空家などが分譲される可能性もあります。また、それほど大規模なものでなくても、住宅情報サイトなどをこまめにチェックしてみていると、ときどき「成田ニュータウンに新築物件が出ました!」というふうに告知されていることがあります。

一部の地域で例外はあるとしても、全体的には、成田ニュータウン内の世帯における高齢化が進んでいます。そのため第一世代が家を手放したり、相続にともなって売りに出されるというケースもあります。ですから中古物件なども少ないですが、出されています。中古物件を購入し、リノベーションをして住んだり、建物を取り壊して家を新築するなどのケースも見受けられます。

成田ニュータウンの物件を見つけるポイント

やはり、ある程度優先順位を付けて物件を探すことがポイントといえるでしょう。例えば新築が良いのか、中古でも良いのか。中古の場合、築年数はどうか。また、同じく中古の場合、建物をリノベーションするのか、建て替えをするのか。

また、エリアはあまり限定すると物件が少ないため、探すのが難しいことがあります。ですから、ある程度柔軟に考えておくと良いと思います。とはいえ、エリアによって利便性なども含めた環境に違いがありますので、実際に各エリアを見てまわり、雰囲気の違いや自分のライフスタイルに合うかどうかを確認してみると良いでしょう。

実例:成田ニュータウンの新築、中古物件

それでは実際にどの程度の価格で販売されているのか、実例をあげて見ていきましょう。

物件1:玉造エリア 新築一戸建て

間取り 4LDK
土地面積 150.51㎡
建物面積 96.79㎡
販売価格 3,180万円
2戸分譲されたうちの1戸が販売されたケース。

物件2:吾妻エリア 新築一戸建て

間取り 3LDK
土地面積 120.03㎡
建物面積 98.01㎡
販売価格 2,780万円
2戸分譲されたうちの1戸が販売されたケース。

物件3:橋賀台エリア 土地

土地面積 253.01㎡
販売価格 2,990万円
中古の住宅が取り壊されていない状態で、1戸が販売されたケース。

このように、少しずつではありますが、販売されています。地元の不動産会社を巡り、多くの情報を持っている会社を見つけ、お気に入りの物件を見つけましょう!

住まい探しは良いパートナー選びから!
おすすめの不動産会社はこちら
↓↓↓↓↓

成田市の不動産会社【成田夫妻調べ】
成田市の不動産会社【成田夫妻調べ】
成田市の不動産会社を紹介「成田夫妻調べ」

成田市の不動産屋一覧【不動産会社口コミ評判付き】

ついに手にした成田家の城!成田夫妻が成田市で家を購入するまで

成田夫妻が住みたい成田市の人気エリアの不動産事情

成田夫妻が愛してやまない 成田市の住みやすさ情報まとめ

家持ちになった成田夫妻が教える!成田市の不動産売却について

成田市の不動産売却について

Copyright (C)成田夫妻の家探し劇場 成田市に住みたい人のための不動産会社ガイド All Rights Reserved.